1. ホーム >
  2. サポート >
  3. 各リチウムイオン蓄電池の特性

各リチウムイオン蓄電池の特性

一般的な特長や傾向ですので個々の製品には当てはまらない場合があります。

  IMR UR NCR LFP NiMH
定格電圧 3.7V 3.7V 3.6V 3.2V 1.2V
体積エネルギー密度 ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆
重量エネルギー密度 ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
ハイレート放電 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆
安全性 ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
複数セルでの運用 ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
充放電サイクル 500回 500回 500回 2000回 500回

(注意1)体積エネルギー密度
単位体積あたりにどのくらいのエネルギーを蓄積できるか示す値で同じ大きさであればより容量の大きいバッテリーといえます。
400Wh/h以上のものは電気用品安全法に基づきPSEの認可が必要となります。

(注意2)重量エネルギー密度
単位重量あたりにどのくらいのエネルギーを蓄積できるか示す値で同じ容量であればより軽いバッテリーといえます。

IMRシリーズ:LiMn系

希少元素であるコバルトの代わりにマンガンを採用することで価格を抑えたモデルです。
リチウムイオン蓄電池のなかでは安全性に優れるためプロテクト回路なしでの運用が可能で組電池としてのサイズがほぼ規格内に納まっています。
ハイレート放電に対応しているため大電流を必要とするフラッシュライトにも使用可能で急速充電にも対応しますがエネルギー密度は控えめです。
プロテクト回路がないことで複数セルでの運用も可となっています。

URシリーズ:LiCo系

リチウムイオン蓄電池の基本ともいえるモデルで標準的な性能をもっています。
安定した運用のためにプロテクト回路付きでの運用が必要です。

NCRシリーズ:LiNi系

体積エネルギー密度、重量エネルギー密度ともに他のモデルを圧倒しています。
そのエネルギー密度の高さから危険性が最も高いため信頼性の高いパナソニック社製のセルを使用した製品を供給します。
安定した運用のためにプロテクト回路付きでの運用が必要です。

LFPシリーズ:リン酸鉄リチウムイオン蓄電池(LiFePO)

リチウムイオン蓄電池の中では最も安全性が高くプロテクト回路が不要です。体積エネルギー密度が低いが軽いため重量エネルギー密度はNCRシリーズに次いで優れています。
定格電圧が3.2Vのためリチウム一次電池の置き換えやすいが2セルを本品1セルに置き換えるような使い方をすると電圧不足になる場合があります。
充放電サイクルが2000回程度と多く超寿命です。
定格電圧が異なるためLiFePO専用の充電器が必要になります。

ページの先頭へ